相手のやる気を出させるには?

私の姪っ子が中学に上がりバレー部に入部したので、姪っ子に会う度に「バレー楽しい?」「今どんな練習しているの?」など、状況を聞いたり私もバレー部出身なので、上手になって欲しいなと思って色々アドバイスをしたりしてもしてしまいます。

皆さんも、相手にこうなって欲しいなと期待を抱いて、相手がその期待に応えてくれると嬉しいですよね。

これを心理学では「ピグマリオン効果」といいます。

今回はピグマリオン効果について書きたいと思います。

「ピグマリオン効果」とは、相手に「こうなってほしい」と強く期待すると、相手がその期待に応じた行動をとるようになることです。

この効果は、ハーバード大学の教育心理学者ローゼンタールによって提唱され、別名「教育期待効果」、または「ローゼンタール効果」ともよばれています。

ローゼンタールは、以下のようなピグマリオン効果の実験を行っています。

ある小学校で教師が期待をかけた生徒と、そうでない生徒の成績の伸びを比較してみたところ、期待をかけた生徒の方が高い伸び率を示しました。

つまり、教師が生徒に「よい成績をとってほしい」と強い期待をかけることで、生徒も教師の期待に応えようと積極的に勉強した、というわけです。

これは、ビジネスの中でもいえることで、上司の部下への期待の気持ちを示す言葉や態度が部下のモチベーションを向上させ、その結果、能力を発揮することができ、成績などが上がることにもつながります。

私も期待をかけられると、その期待に何とか応えたいと思ってしまいます。

ちなみに、他者から期待されないことによって成績が低下する現象を「ゴーレム効果」といいます。

過剰な期待は、逆にプレッシャーになって、プレッシャーに押しつぶされてうまくいかないこともありますが、やはり期待されていると思うと嬉しいですよね。

相手のやる気を出させるには、圧がかからない程度に期待をかけることが大切ですね。

参考文献

おもしろ心理学会「面白いほどわかる!他人の心理大事典」(青春出版社/2012年)

西東社 渋谷昌三「面白いほどよくわかる!心理学の本」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!