大人になるとなぜ「体感時間」が早く感じるのか?

11月に入り、今年もあと2か月。初詣に行ったのがつい最近のようです(少しオーバーでした笑)。大人になるとなぜ「体感時間」が早く感じるのか。ふと思ったことありませんか?私は、友人とこの会話をしていて、ふと気になったので調べてみました。すると、この現象を心理学的に説明した人が浮上しました。それがフランスの哲学者・ポール・ジャネが考案した「ジャネーの法則」です。そのような時間の進む速さに関する法則「ジャネーの法則」について紹介します。

長く生きれば生きるほど、今までの人生と比べて1年の長さが短くなっていくために、体感的に時間の進むスピードが早くなっていきます。例えば50歳の人にとって1年の長さは人生の50分の1にしかなりませんが、5歳の人にとって1年の長さは人生の5分の1になります。

つまり、体感的に流れる時間のスピードは、「50歳の10日=5歳の1日」ということです。

5歳の人が「あー1日が過ぎたなー」と思っているうちに、50歳の人は「あー10日が過ぎたなー」と思うというわけです。恐ろしいですよね。

ジャネーの法則で明らかなように、人間は、年齢が高くなるほど体感時間が短くなります。常に若々しい状態を保つためには、新しいことへ挑戦して、脳を活性化させることが必要です。あるべき姿に向けてチャレンジ・行動して、新たなきっかけ・景色を発見しましょう!タイミングを逃して後悔することのないよう、今できること・今やりたいことは少しずつでいいのでやっていけば、きっと楽しい未来が待っていますよ!

参考サイト:https://tenki.jp/suppl/rsakai/2018/11/10/28569.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!