【必見】暑い夏の乗り越え方-熱中症のいろは-

やっと梅雨が明けたかと思いきや、これからお盆にかけて全国各地で厳しい暑さが予想されています。毎年のことですが、みなさん、熱中症対策はされていますか?
今回は、熱中症のいろはについてお伝えします。

-熱中症の基本-

人間の身体は通常、体温が上がっても汗などによって体温が外へ逃げるしくみになっているため、自ずと体温調節が行われているのですが「環境」、「身体」、「行動」の要因によってうまくその機能が働かず熱中症を引き起こしてしまうのだそうです。

  • 「環境」…暑い部屋、湿度が高い、気温が高い、など
  • 「身体」…乳幼児、高齢者、肥満ぎみ、脱水状態、寝不足、二日酔い、など
  • 「行動」…激しい運動、水分補給ができない状態、屋外の作業、など

-熱中症の予防-

熱中症の予防には涼しい場所に移動すること、こまめな水分補給などが挙げられます。
特に大量に汗をかいている場合は、体内の塩分も失われているためスポーツドリンクや脱水の強い場合は状態に応じて経口補水液を活用してください。

-熱中症の症状-

熱中症には症状に応じて3つの段階にわけられています(Ⅰ度軽度→Ⅲ度重度)

  • Ⅰ度…めまい・失神「立ちくらみ」、筋肉痛・筋肉の硬直「こむら返り」、手足のしびれ、気分の不快
  • Ⅱ度…頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
  • Ⅲ度…Ⅱ度の症状に加え、意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温、肝機能異常、腎機能障害、血液凝固障害

-熱中症かな?と思ったら-

少しでも様子がおかしいと感じたら無理をせずに涼しい環境への移動、服を脱いで熱を逃がしましょう。
また、リンパの流れている部分を冷やすことも有効です。水分、塩分の補給も忘れずに!

油断は禁物です。エコのために冷房を我慢して過ごし、熱中症で亡くなる方もいらっしゃいました。
これくらい大丈夫と過信せずにまずは自分が快適に過ごせるように環境を整えてくださいね。
この暑さをなんとか乗り越えていきましょう。

★「夏にかかるうつ病―夏季うつ―

参考サイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!