カウンセリングってどんなことをするの?

今回は、メンタルケア心理専門士のテキスト「面接技法」についてです。

皆さんは、“面接”と聞くと、何が頭に浮かびますか?

高校や大学入試の面接、アルバイトの面接、就職の面接などが頭に浮かぶ方が多いのではないでしょうか?

私も面接を受けた経験があるのですが、受ける前に学校の先生から面接指導を受け、入退室の仕方、お辞儀の仕方、椅子の座り方、受け答えの仕方など事細かに教えて頂きました。

皆さんの中で面接を受けたことがある方は、私のように面接指導を受けたり、面接の教本を読んだりと何かしらの対策をされたかと思います。

この「面接技法」もそういった教本なのかといったら、ちょっと違います。

この「面接技法」のテキストは、面接は面接でもカウンセラーとクライエントの対面式のカウンセリングのことを指し、カウンセリングとはどういったものなのか、どのような流れで進んでいくのか、カウンセラーとして必要なスキルや技法を学んでいきます。

それでは、カウンセリングとはどういったものなのか、今回書きたいと思います。

まず登場人物は、カウンセラーと悩みを抱えるクライエントです。

クライエントは初めて相談に来ると、カウンセリングを始める前の面接を受けます。

そこでクライエントの名前、家族構成、生育歴、対人関係などのクライエントに関する情報、相談内容の主旨を把握します。

この初回の面接を“インテーク面接”といいます。

必要があれば心理検査を行い、インテーク面接でえた情報や心理検査の結果をもとに、これからどのようにカウンセリングを行っていくか方針を決め、担当のカウンセラーが決まったら、いよいよカウンセリングです。

カウンセリングの基本は、カウンセラーがクライエントの話を聴いていきます。

話を聴く中で、クライエントが今まで気づかなかった問題やもやもやした感情などを明確化していき、クライエント自身が持つ治癒能力を引き出す援助を行うのがカウンセリングなのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!