新型コロナウイルス感染症対応で疲れていませんか?

新型コロナウイルス感染症対応で疲れていませんか?世界的に初めての経験で、不安やトラブルがあって当然といえる状況です。

大規模イベントや行事の中止、大人は時差通勤やリモートワーク、子供たちは休校休園、コロナ疎開など予防に奮闘し慣れない日々が続いています。

最近暑くなってきて、マスクを着用するのが息苦しいときもあります。環境の変化や先の見えない状況、行動の不自由さの中で一生懸命生活し、知らず知らずの緊張が続いています。

こんなときは無意識に体や気持ちに力が入り、イライラ、不安も高まります。私たち誰にでも心理面や体調面でさまざまな不調が起こってくる可能性があります。

コロナ禍による様々な社会生活の制限がある中で“いまできるメンタルケア、メンタルヘルス、心理学の教育を広く受けていただき、学びの中から自分自身の発見と生きる意欲をもって欲しい”

“また人と関わることができる社会となり、人とのコミュニケーションをもてることの幸せを感じるためにも、メンタルケア、メンタルヘルス、心理学を通じて学びを得てほしい”

このような状況だからこそ、心理学を皆さんに学んで欲しいと思います。是非、心理学に少しでも興味のある方、まずは勉強してみて受検してみませんか?

資料請求はこちら⇒https://www.cocoroken.jp/document/

みんなで力を合わせて、この状況を乗り越えましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!