言いたいことはちゃんと言えていますか

今回はパーソナリティ心理学についてお話しします。まず、パーソナリティとは人格や性格のことです。

文部科学省後援こころ検定®3級では、性格に関する理論や性格を測定する方法などを紹介しています。また、血液型性格占いは本当に当たるのか?!など、興味深い内容となっています。

さて、近年、大学のパーソナリティ心理学の授業では「自己理解を深める」ということで「アサーション」を取り扱うことも増えてきました。

「アサーション」とはなにかというと「主張」のことです。「主張」といっても自分の意見だけを通したり、ワガママを言ったりということではありません。ここでいう「アサーション」とは、自分の意見も相手の意見も尊重しましょうということです。

アメリカの心理学者ウォルピィ(Wolpe,J.)は、自己表現のタイプには3つあると述べています。
①攻撃的タイプ…相手の意見や気持ちを無視し、自分の主張ばかり押し通そうとするタイ
プ。

②非主張タイプ…自分の主張をはっきりと言わない、控えめタイプ。

③アサーティブタイプ…自分の意見をはっきりと伝えつつも相手の気持ちも考えること
のできるタイプ。(①と②の黄金比といわれています)

①の攻撃的タイプは、自己主張が激しいため、いずれ人に嫌われてしまいます。
また、勝つために常に気を張っていなければならず非常に疲れます。

②の非主張タイプは、どうせ自分の意見なんて誰も聞いてくれないと悲観します。また、意見を言えなかったことを引きずります。

②のアサーティブタイプは、自分の意見も主張しつつ、相手の立場や意見も尊重できるの
で、誰も嫌な思いをすることがありません。

このアサーティブを目指そうというのがアサーションです。アサーションはトレーニングによって身につけることが可能といわれています。気になられた方はぜひ「アサーション・トレーニング」を調べてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!