環境の変化や気温差でお疲れ気味な身体に 旬のお野菜「そら豆」はいかがですか。

食べるなら旬のお野菜。「そら豆」はいかがですか。旬のお野菜はその野菜が一番美味しい時期で、栄養価も高く野菜自体に元気があります。野菜の色、艶、香など人間の五感を刺激して、食欲をそそります。

「こころを元気にしてくれる要素がたっぷりです。」

今の時期にしか食べられない「そら豆」は栄養素がたっぷり。

そらまめの旬は4~6月。初夏の代表的な味覚。
鮮度落ちが早く、収穫した直後から栄養価が落ちるので旬は3日などと言われます。新鮮なものを買い、その日のうちに食べるのがいいですね。特にさやから出して空気に触れると、すぐに変色します。買うときはさやが濃い緑色で、茶色い部分がないものが新鮮です。

●便秘気味な方には

腸の中を綺麗にし、便通をよくする効能があります。特にそら豆を皮ごと食べると効果が出やすいです。皮は渋みがあって避ける人も多いですが、上手に調理すれば美味しくいただくことができるのでぜひ食べてみてください。スープなどにして皮ごと食べるのもおすすめ。

●妊婦さんには

葉酸はビタミンBの一種です。特に妊婦さんが積極的に摂取する必要のある成分です。

●疲れ気味な方には

そら豆にはビタミンB群がとても豊富です。ビタミンB1は、糖分を分解し、エネルギーに変えるのに不可欠な成分で、疲労回復作用があり、運動選手や力仕事の多い方に積極的に摂取してほしい成分です。

ビタミンB2は、血行を促進する効能があり、疲れをとるのに良い成分です。少し疲れたと感じる日はそら豆を積極的にとることで元気になるかもしれません。

実は栄養たっぷりのそら豆!栄養素を逃さないおすすめの美味しい食べ方をご紹介!
https://kurashi-no.jp/I0013697

《おすすめシンプル焼きソラ豆》

・そら豆を洗う。

・フライパンの上でサヤに焦げ目がつくまで焼く。(魚焼きのグリルでも美味しくなります。)

サヤがペタンコになったら焼きごろです。サヤごと器に盛り、塩を添える。サヤから出しながら、お好みで塩をつけていただきます。

お酒のおつまみにも、夕食の一品にもなります。癖がすくないのでお子様にも食べやすいです。

焼くだけなので、簡単に作ることができますね!美味しいものを食べると、笑顔がでます。幸せホルモンがでてききます。

また、頑張ろうと活力になります。自分のために「旬のお野菜」を口にしてはいかがでしょうか。

参考文献

実は栄養たっぷりのそら豆!栄養素を逃さないおすすめの美味しい食べ方をご紹介!

https://kurashi-no.jp/I0013697

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!