4月は出会いの季節

皆様は、「出会いの季節はいつだと思いますか?」と聞かれたら、何月と答えますか?
夏休みの8月でしょうか?それとも、ハロウィンのある10月でしょうか?
はたまた、クリスマスの時期の12月でしょうか?

実は、4月が一番交友関係を広げるには重要な時期になります。

4月と言えば、入学式や入社式と新しい出会いの季節になります。
この時期には、歓迎会や親睦会が頻繁に開催されていることが多いです。

高等学校や大学では、部活やサークルの勧誘が頻繁に行われますし、会社等では新入社員同士での親睦会や、上司や社長との親睦会などが行われます。

交友関係を広げるにはこの時期に広げるのが一番良いのです。

ドイツのジェンス・アセンドルフはこの出会いの季節について132名の大学生を対象に1年と半年の期間もの間調査をしたそうです。

その結果、交友関係の拡大は4月から3ヵ月間の間でピークを過ぎてしまい、それ以降はほとんど拡大がしづらいという結果になりました。

筆者の考えでは、交友関係に関してはいつでも拡大できるものだと考えていますが、交友関係を拡大するのには時間と労力がかかると考えております。

イベント等をインターネットやSNSで調べたり、日程の調整を行ったり、主催者と連絡を取ったり、意外にも交友関係を拡大するのには時間と労力がかかるので、足が重くなってしまうのかもしれません。

ですが、この4月からの3ヵ月間であれば、イベントごとが多いので調べたらすぐに出てきますし、学校のイベントに関しては積極的に先輩や同級生からのお誘いがあるでしょうし、参加している人はお互いに初対面だという人のほうが多いでしょう。

自分からあまり積極的に交友関係を広げられないという方は、4月からの3ヵ月が勝負になると思いますので、残りの1週間で初対面の人と仲良くなるための話題を考えてみてはいかがでしょうか?

また、以前「ネームレター効果-似たような名前を好む傾向-」でもお伝えしたように、人とのコミュニケーションにおいて、有利に働く要因や方法もあります。

一部の要因や方法を下記にてまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。


  • ネームレター効果
  • ミラーリング効果
  • バックトラッキング
  • 簡単な手品や数字遊び
  • 自己開示

他にも要因や方法はたくさんありますが、筆者の個人的な意見で「誰でも簡単に実践できる」という点で抜粋しておりますので参考程度にしてもらえると幸いです。

真摯に誠実に「仲良くなりたい」という気持ちで接していればおのずと交友関係は広がると思いますが、メリットがあるのであればそれに越したことはないと思いますので、ぜひ調べてみてください。

また、心理学を学ぶというのも一つの手でもあります。

こころ検定は、学問としての心理学を学ぶことができ、多くの人間に当てはまる心理の一般法則である「基礎心理学」を3級と4級で学べます。

4月1日から受検のお申込みが開始されますので、ぜひともチャレンジしてみてください。

3月も残りあと僅かとなりましたので、4月からの新生活に向けて準備を怠らないようにしましょう。

【参考文献】

ネームレター-似たような名前を好む傾向- こころのサイエンス
https://cocoroken.info/name-letter-effect/

心理学ってこんなに身近。今日から使える、7つの心理学テクニック-STUDY HACKER-
https://studyhacker.net/columns/mijikana-shinrigaku

こころ検定公式テキスト4級 P139-140 第5章自分と他者のこころ(1)社会心理学とは?
日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術学会 監修

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!