オンラインなどでのコミュニケーションに、難しさを感じていませんか?

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、皆さま不安な日々をお過ごしかと存じます。医療機関や食料品店など、この時期でも働いてくださっている方々には、感謝しかありません。本当にありがとうございます。

感染症対策により、対面でのコミュニケーションが難しくなり、在宅勤務やテレワークが広がりを見せています。それに伴い、出社しているときと異なるオンラインなどでのコミュニケーションに、難しさを感じていませんか?

日本は昔からよく「空気を読みなさい」など察し合いの文化と言われています。しかしリモートワークでは、この文化は通用しません。お互いに不信感・ストレスが生まれる状況となってしまいます。

このような状況を防止するには、「自分から発信しないと、状況が誰にもわからない」という前提を社員全員が理解するのが重要です。

また、ここで活躍するのが、心理学です。心理学の学習を進めるとコミュニケーションと心の問題が分かってきます。自分の悩みをより深めないように、心理学の学習をすることはコミュニケーション能力を高める上で必須だと言えます。

“人と関わることができる社会となり、人とのコミュニケーションをもてることの幸せを感じるためにも、メンタルケア、メンタルヘルス、心理学を通じて学びを得てほしい。”そう願っています。是非、心理学に少しでも興味のある方、まずは勉強してみて受検してみませんか?

資料請求はこちら⇒https://www.cocoroken.jp/document/

心理学を学び、コミュニケーションを良好にし、働きやすい環境にするきっかけにしてみませんか?!

参考文献:リモートワークでも「誤解・不信感」を生じさせないコミュニケーション術(10のテクニック)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!