チョコをちょこっと食べて健康に

バレンタインの季節になりましたね。

コンビニやスーパーでもバレンタイン用のチョコレートが売り出されていて、バレンタイン関係なしにチョコ好きにはたまりませんよね。

自分へのご褒美として少しお高めのチョコレートを買うのも良いかもしれません。

ちなみに皆さんは、チョコレートは好きですか?

私は大好きです。

甘めのチョコより少しビターなものを選んで買ってしまいます。

疲れている時は甘めのチョコレートが食べたくなりますけどね。

CMでも見るようになりましたが、今回はチョコレートがもたらす健康効果について書きたいと思います。

少し誤解があるといけませんので書きますが、健康効果をもたらすのは、チョコレートの原材料のカカオ豆に含まれているカカオポリフェノールというものです。

このポリフェノールが簡単に摂取できるのがチョコレートというわけです。

ただのミルクチョコレートなど甘いチョコレートではなく、高カカオのチョコレートでなければいけません。

カカオポリフェノールの健康効果としては次のようなものがあります。

●血圧低下

●動脈硬化予防

●美容効果

●アレルギーの改善

●脳の活性化

●便通改善

前回認知症について書きましたが、この認知症の予防にもチョコレートの効果が期待されているそうです。

認知機能を促進させるBDNF(脳の神経細胞の活性化が期待されるタンパク質)は、記憶を司る「海馬」に多く存在しているのですが、BDNFは65歳以降年齢を重ねるほどに減少していきます。

愛知学院大学と(株)明治が実施した「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」によると、高カカオチョコレートに含まれる高濃度のカカオポリフェノールが脳の血流量を増やし、BDNFを含む血流の増加によって認知機能を高める可能性があることが分かっています。

このBDNFを増やすことで、認知症の予防になるのではないかといわれています。

以上のような、様々な効果がありますが、私が気になるのはやはり美容効果(アンチエイジング)ですかね。

食べすぎはいけませんが、適量を摂取することが大切です。

明治の「チョコレート効果72%」なら1日3枚~5枚が目安だそうです。

チョコレートなら毎日続けられそうな気がしますね。

参考文献

株式会社明治「みんなの健康チョコライフ」https://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/

株式会社明治「チョコレート効果 おしえて!チョコせんせい!」https://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/chocokoka/howto/

ヘルスUP日経Gooday30+ 2017/2/13「高カカオのチョコレートは脳によい影響を与える?」https://style.nikkei.com/article/DGXMZO12707020Z00C17A2000000/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!