文部科学省後援こころ検定3級「こころの成長のために」

こころ検定®3級は、中学校~高校卒業レベルを想定しており、テキストを使用して学習をして頂き、試験に臨んで頂きます。

試験の形式は、パソコンを利用するCBT試験となります。こころ検定は持込みができないため、テキストの内容を暗記して頂く必要があります。

こころ検定®3級は3級公式テキストの中から出題され、こころ検定ホームページより対策問題集も販売されていますので、試験対策としてぜひご活用ください。

こころ検定®3級の内容は、「発達心理学・パーソナリティ心理学・教育心理学・適応・検査学」など基礎心理学の中で「こころを成長させる」ための知識や技能を身につけて頂くものとなっております。

心理学と聞くと「難しそう」「取っつきにくい」「興味はあるけどどうやって勉強すれば良いか分からない」といったイメージがあると思いますが、心理学は、自身の身の回りで起こっている出来事などと密接に関係していますので、特にこころ検定®3級テキストの内容は、「発達」や「性格」など自身の今までの出来事などを振り返ってみて、「そういえばそうだ」と気づくことが多く、身近な事柄が多いためイメージしやすいのではないかと思います。

テキストに出てくる内容をご自身とリンクさせながら読んでみると、理解度も増すでしょう。まずは検定関係なく、心理学を身近なものとして捉えて頂き、身近に感じて頂くためにテキストを手に取っていただければ幸いです。

また、心理学は自己理解を深めるためにも大いに役立つ学問です。相手のこころを理解することも大切ですが、まずは自分のために心理学を学び、自分自身のこころを知って、「自分はこういう人間なんだ」ということを理解した上で、相手を理解しようとするこころを成長させてほしいと願っております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!